スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
男の子を伸ばす母親だって
ちょと話題になっているらしい育児本を友人が貸してくれました!!

「男の子を伸ばす母親は、ここが違う」 という本。

20061021120129.jpg


各章の題名は、なかなか興味をそそるようにつけてある。

・男の子には「怒り」よりも「冷たさ」がきく。
・キャンプをさせよう。
・手作り料理が不登校をふせぐ。
・ママ友情報は真に受けちゃだめ。
・「口だけオババ」の言うことを聞く子はいない。
・習い事が多すぎると無責任な人間になる。
・本当に大切なのは国語力。
・親の会話力が子供の国語力を引き出す。
・親の薄いリアクションに子供の心は閉ざされる

                        などなど・・・

作者さんは、
高学歴を重視する社会や、小さい頃からのお受験や
詰め込み教育に反対している内容でした。

これから読む人もいるでしょうから、
あまり内容は載せないほうがいいでしょうが・・・

「社会が欲しているのは、高学歴の人間ではなく、
 多くの人の信頼を得て、社会に貢献できる人間」

「いっぱい遊び、美しいものにふれ、豊かな経験をつみ、
 多くの人と触れ合うこと・・・が大切」

などが、フウムと納得した箇所でした。

でも、ありえない~~と思う箇所もいくつか。

・本当に大切なのは国語力
ってのも、わかるんですよ、確かにそうだと思います。
それを高めるためには、音読らしいんです。そこまでは賛成です。
そして、その効果的な音読の仕方として・・・
ってところから、
「ありえない~~」 
そんなのいちいちやらんでしょ~って思っちゃいました。

・キャンプをさせよう
も、予測外のアクシデントを期待して行くんですって。
無人島にでも行かんかぎり、そうそう自然によるアクシデントなんて
無いし・・・
「塩コショー忘れた~~」くらいやわ。
                  
そうそう、国語力は親の会話力がカギなんですって。
じっくりと興味しんしん!に耳を傾けてあげないとダメらしい・・・

せっかちな私は、「ちゃっちゃっと、しゃべりー!!」
と、いつも急かしてしまう。反省~~。

・親の薄いリアクションに子供の心は閉ざされる
ってのは、大丈夫かな~。
大阪人は大丈夫かも?
必要以上に、ウケテるフリするん得意やもんね~。
「ひゃっひゃっひゃぁ~~」と、めちゃ手ぇたたくもんね~。


たまには、育児本もいいですね。
人様の言葉も大事にうけとめなね~~。


読んでるとき、
「何、読んでるの?」って息子君がのぞきにきました。

「男の子を伸ばす母親は、ここが違う」 

息子君は、「伸ばす」がまだ読めません。

「え~っと・・・
 男の子を・・・

 けっとばす ?

 ぶっとばす ?  母親?」


だって。

なんで、「母親」っていう言葉の前に、
そんな単語が出てくるの~~ 




オソレイリマスガ・・・
ポチッと押してやってください。


こちらもおひとつオネガイイタシマス・・・
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

【2006/10/21 11:58】 | 育児本・バイブル | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。